福祉住環境コーディネーターの資格で何が出来るか?カテゴリの記事一覧

福祉住環境コーディネーター資格の優位性

福祉住環境コーディネーターは、東京商工会議が認定する公的資格で

1級〜3級に分類されています。

これらの資格には、受験資格の制限がなく、建築関係や福祉関係の

仕事を既にしている人や、専業主婦や学生など幅広い年齢層や職業

の人がこの資格取得に挑戦しています。


また、自治体により異なる事がありますが、一般的に、福祉住環境

コーディネーターの1級、2級取得者は、住宅改修に介護保険の適用

を受けるために必要な「理由書」を作成する事ができます。


「理由書」の作成は原則としてケアマネージャーが行いますが、

福祉住環境コーディネーターと、作業療法士にも作成する事が認めら

れています。


建築・福祉・医療の総合的な観点からアドバイスする立場の

福祉住環境コーディネーターは、依頼者からの信頼も得られやすく

これから活躍の場は、ますます大きく広がると思われます。

福祉住環境コーディネーターの講座案内を無料一括請求


人気blogランキングへ

banner_02.gif


タグ:資格取得

福祉住環境コーディネーター資格で出来ること

福祉住環境コーディネーターの資格で何が出来るのでしょうか。

福祉住環境コーディネーター検定試験は、東京商工会議所が
平成11年から実施している検定試験です。
バリアフリー住宅の新築やリフォームにおける提案業務、
福祉用具、介護用品から家具までの選択と利用法のアドバイス
などを行います。
これらの、住環境整備において、建築関係者や
ケアマネージャーなどと連携し多角的な視野に立って、
コーディネートが必要になります。

平成13年には2級合格者が「住宅改修についての専門性を有する者」
として厚生労働省により明記されました。
これにより介護保険制度において住宅改修費の助成を受けるための
理由書が作成できる
と位置付けられています。

人気blogランキングへ

banner_02.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。