福祉住環境コーディネーター資格の優位性

福祉住環境コーディネーターは、東京商工会議が認定する公的資格で

1級〜3級に分類されています。

これらの資格には、受験資格の制限がなく、建築関係や福祉関係の

仕事を既にしている人や、専業主婦や学生など幅広い年齢層や職業

の人がこの資格取得に挑戦しています。


また、自治体により異なる事がありますが、一般的に、福祉住環境

コーディネーターの1級、2級取得者は、住宅改修に介護保険の適用

を受けるために必要な「理由書」を作成する事ができます。


「理由書」の作成は原則としてケアマネージャーが行いますが、

福祉住環境コーディネーターと、作業療法士にも作成する事が認めら

れています。


建築・福祉・医療の総合的な観点からアドバイスする立場の

福祉住環境コーディネーターは、依頼者からの信頼も得られやすく

これから活躍の場は、ますます大きく広がると思われます。

福祉住環境コーディネーターの講座案内を無料一括請求


人気blogランキングへ

banner_02.gif


タグ:資格取得
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。