U‐CANの福祉住環境コーディネーター3級速習レッスン〈2006年版〉 |

福祉住環境でアマゾン第12位です。
福祉住環境コーディネーターの講座案内を無料一括請求


U‐CANの福祉住環境コーディネーター3級速習レッスン〈2006年版〉U‐CANの福祉住環境コーディネーター3級速習レッスン〈2006年版〉

日本通信教育連盟 刊
発売日 2006-02


ユーキャンの通信講座で蓄積した「よくわかる」エッセンスをぎゅっと凝縮。』使いやすい基本書が《速習レッスン》です。介護保険制度などの法改正に伴い、用語や名称を改訂、合格に必要な知識と情報をわかりやすく解説しています。◆特長◆1試験に出そうなポイントを徹底的に分析し、レッスンごとに頻出度を表示!重点的な学習が可能です。252項目に分けた各レッスンの冒頭に「学習のカギ」となる部分をピックアップ。初心者でも重要な論点をしっかりおさえた学習が出来ます。3各レッスンの終わりに一問一答形式の過去&予想問題を掲載。理解度アップに最適です。4豊富なイラストとチャート図などを盛り込み、視覚的にも「よくわかる」工夫を凝らしました。5欄外の『用語』と『プラスワン』で本文の内容を更に詳しく解説。初めて学習する方でも理解を深められます。

さらに詳しい情報はコチラ≫



福祉住環境コーディネーターの講座案内を無料一括請求



人気blogランキングへ

banner_02.gif




タグ:3級参考書

U‐CANの福祉住環境コーディネーター3級予想問題集〈2006年版〉 |

福祉住環境でアマゾン第13位です。
福祉住環境コーディネーターの講座案内を無料一括請求


U‐CANの福祉住環境コーディネーター3級予想問題集〈2006年版〉U‐CANの福祉住環境コーディネーター3級予想問題集〈2006年版〉

日本通信教育連盟 刊
発売日 2006-03


ユーキャンが通信講座で蓄積したノウハウを活かし、学習効率を最優先に考えた《予想問題集》です。徹底的な過去問の分析を行い、出題されるポイントをしっかり押さえてテーマ別に編集した『要点チェック問題』と、本試験に即した内容、形式、レベルでチャレンジできる『予想模擬試験』2回分で構成されています。完成期の実力チェックと応用力が身につき、試験直前対策に最適です。*特長*1問題を「基本」と「発展」に分類、見やすくわかりやすいマーク表示をしています。2すべての問題に頻出度を表示。問題分類マークと合わせて効率的な学習が可能です。3解説中、繰り返し問われている要点を含むものに「POINT」マークを表示。重点的な学習に役立ちます。4『予想模擬試験』を2回分収録。実際の試験に即した問題構成・体裁で本番のシミュレーションが出来ます

さらに詳しい情報はコチラ≫




福祉住環境コーディネーターの講座案内を無料一括請求


人気blogランキングへ

banner_02.gif
タグ:問題集

福祉住環境コーディネーターの仕事―こんなにおもしろい |ゆにばっぷ /芳村 幸司

福祉住環境でアマゾン第14位です。
福祉住環境コーディネーターの講座案内を無料一括請求

福祉住環境コーディネーターの仕事―こんなにおもしろい福祉住環境コーディネーターの仕事―こんなにおもしろい
ゆにばっぷ /芳村 幸司
中央経済社 刊
発売日 2005-06



これから福祉住環境コーディネーター検定試験合格を目指す人、
すでに合格し活躍している人、合格したがどう生かせばよいか
分からない人…。本書はこれらの人々に限らず、高齢社会を
迎える日本に暮らす、全ての人々に読んでいただきたい本です。
介護保険制度や支援費制度の導入に伴って、地域へと戻りつつある
“高齢者”“障害者”といった人々と“共に暮らす”ことは、
ごく普通の時代へとなってきています。そんな時代の流れの中、
住環境をコーディネートする立場として、20年間近くに及ぶ著者
の試行錯誤と失敗や成功の経験、ノウハウの全てを、丁寧に記し
ました。
さらに詳しい情報はコチラ≫



福祉住環境コーディネーターの講座案内を無料一括請求


人気blogランキングへ

banner_02.gif

福祉住環境コーディネーター1級(1次・2次)過去問題集 |渡辺 光子

福祉住環境でアマゾン第15位です。
福祉住環境コーディネーターの講座案内を無料一括請求


福祉住環境コーディネーター1級(1次・2次)過去問題集福祉住環境コーディネーター1級(1次・2次)過去問題集
渡辺 光子
日本能率協会マネジメントセンター 刊
発売日 2006-03



内容(「BOOK」データベースより)
1級(1次・2次)過去問題全4回分を詳細解説!過去問題から
出題傾向を徹底分析。

内容(「MARC」データベースより)
福祉住環境コーディネーター1級本試験の1次・2次試験問題を
4回分すべて掲載するとともに、詳細な解説を加えた。
さらに詳しい情報はコチラ≫



福祉住環境コーディネーターの講座案内を無料一括請求

人気blogランキングへ

banner_02.gif

タグ:

住環境整備の注意点 場所別に留意する事柄

住環境整備の注意点について、場所別に解説します。
福祉住環境コーディネーターの講座案内を無料一括請求


玄関や上がり框の段差を解消する。
手摺りを設置する。腰掛け椅子の用意も検討する。
出入り口から、道路などへスロープを設置することで、歩行や
車椅子による移動を助けることが出来る。


廊下に歩行時に掴むことが出来る、手摺りの設置をする。
車椅子の走行や回転が出来る場所を確保することが重要。


居室は、主な生活空間である。
従って温度や湿度が調節出来る様にしておく事が望ましい。
ベッド、ポータブルトイレ、車椅子が設置できるスペース
が確保出来ること。

トイレや浴室までの移動をスムーズにする動線を計画、
確保する。
操作の容易な、照明のスイッチの形状および位置
(バリアフリー、ユニバーサル・デザイン)介護用品等の
置き場所の検討をする。


トイレに於いては、温度調整が可能で安全な暖房器具の
使用を考慮する。
動作の楽な洋式便器を設置して、ドアは引き戸か外開き戸
にする。
車椅子使用も可能なように間口を広くすること。
手摺りを便器横に設置する。


浴室の戸は、間口が広くなるように、引き戸や二枚戸から
三枚戸にするなどの、工夫をする。

浴室の出入り口部分は、すのこなどを利用して段差を解消する。
浴槽は半埋め込み式(約400oの高さ)とする。浴槽の出入りは、
バスボードなどの福祉用具や、浴槽と同じ高さの椅子を使う。
浴室内と浴槽内での立ちしゃがみを補助する手摺りを設置する。
洗い場と浴槽内には、滑り止めマットを敷く。
脱衣室の室温調節に注意すること。


階段には手摺りを設置する。

太さの目安は、廊下・階段(32〜36o)、
トイレ・浴室は(28〜32o)が適当である。
階段の手すりは降りる際に利き手側になる側を優先して設置する。
段鼻に滑り止めを取り付ける。
障害状況により階段昇降機などの設置を検討する。
また足元灯が設置できるように、電源と電気容量を確保しておく。

台所に於いては、火元の確認とやけどの防止に配慮する。
収納棚からの容易な出し入れと移動しやすい家具の配置
や作業中の休憩場所を検討すること。
福祉住環境コーディネーターの講座案内を無料一括請求


人気blogランキングへ

banner_02.gif


タグ:住環境整備

福祉住環境コーディネーター2級スピードテキスト |古屋 真一郎

福祉住環境でアマゾン売り上げ16位です。

福祉住環境コーディネーター2級スピードテキスト福祉住環境コーディネーター2級スピードテキスト
古屋 真一郎
TAC出版 刊
発売日 2005-08
オススメ度:★★★★★



忙しい人におすすめ! 2005-09-07
私はこの著者の他の参考書にお世話になり、すでに2級・3級とも合格していますが、同著者の本は、どれも他の参考書や問題集に比べて圧倒的にわかり易いです。
まさに懇切・丁寧といった感じです。受験者が望むものをいつも提供してくれる心配りがありがたいです。
しかも、今回の著書は実際の講義を誌上で受けているのと同じ構成になっているので、「忙しいから、自力で短期間で合格したい」という人にはもってこいの内容になっています。
実は、今回は自分のためではなく、福祉に関連した内容を教えている立場の友人にこの本をプレゼントしました。福祉住環境コーディネーターを目指しているわけではありませんが、「とても参考になって助かった」と喜んでくれました。


さらに詳しい情報はコチラ≫



人気blogランキングへ

banner_02.gif

一問一答!福祉住環境コーディネーター2級頻出問題集 |古屋 真一郎

福祉住環境でアマゾン18位です。

一問一答!福祉住環境コーディネーター2級頻出問題集
古屋 真一郎
高橋書店 刊
発売日 2005-04
オススメ度:★★★★★



いうことなし 2005-05-27
レビューを見て、購入しました。すばらしいです。努力さえすれば、この本、過去問、日商の三級テキスト、そしてこの著者のテキストで合格間違いなし。


さらに詳しい情報はコチラ≫



人気blogランキングへ

banner_02.gif

U‐CANの福祉住環境コーディネーター2級過去問題集〈2006年版〉

福祉住環境で、アマゾン売り上げ20位です。

U‐CANの福祉住環境コーディネーター2級過去問題集〈2006年版〉U‐CANの福祉住環境コーディネーター2級過去問題集〈2006年版〉

日本通信教育連盟 刊
発売日 2006-01
オススメ度:★★★★★




効率性抜群!さすがのユーキャン 2006-09-08
「見開き構成」で試験の効率化を考えた問題集です。

この辺りの紙面構成が、いかにも「ユーキャンの問題集らしい」です。

私は実際にこの問題を解くために利用したのではなく、出題パターンを暗記するために利用しました。

つまり・・・パターン暗記用にはもってこいの問題集です。とくに勉強時間に余裕のない方にはお勧めの本ですね。


さらに詳しい情報はコチラ≫



人気blogランキングへ

banner_02.gif
タグ:本 問題集

住環境整備に関する介護保険制度

今回は、住環境整備に関する介護保険制度についてです。


福祉住環境コーディネーターの講座案内を無料一括請求







福祉住環境コーディネーターの講座案内を無料一括請求



住環境整備に関係する介護保険制度のサービス

福祉用具の貸与・購入費の支給について
車いすや特殊寝台、ポータブルトイレなど
但し、対象者に制限があったり、購入費に対して1割の自己負担
などがありますので詳細は各担当窓口でご確認ください。

居宅生活動作補助用具や住宅改修費に対する支給について
基準額は200,000円
対象者、工事の内容等に制限があります。詳細は各担当窓口で
ご確認ください。

その他、不明なサービスに関しては各担当窓口でご確認ください。





人気blogランキングへ

banner_02.gif

資料を無料請求する





福祉住環境コーディネーターの講座案内を無料一括請求



今回は資格取得の参考の為に、資料の無料請求の方法について
説明します。

福祉住環境コーディネーターの資格取得に興味をお持ちの場合、
この資格についての情報を得るために資料を参照することは、
より立体的に全体像を把握するためには非常に有益であると、
いえます。

福祉全般に於いて、エキスパートである「シカトル」から
無料で資料を請求することが出来ます。

福祉住環境コーディネーターの講座案内を無料一括請求


欲しい資料をチェックして送り先を入力すれば、簡単に
無料の資料請求が完了します。

資料を手に取ってこの資格を理解するために役立たせてください。







人気blogランキングへ

banner_02.gif
タグ:資料請求

福祉住環境コーディネーター資格取得の為の無料講座

福祉住環境コーディネーターの、資格取得の為の無料講座です。
今回は、高齢者の介護の為の住環境について

高齢者介護の為の住環境とは
   

寝かせきり状態にしないために住環境整備を整える

第一に、床ずれ等を予防する為の対策として、上半身をベッド
上で起こすことが出来るようにする。さらにベッドで端座位が
とれる様になることが望ましい。また高齢者の自力または介助
を受けながらの自立を妨げない住環境を整備する。

端座位とは、ベッドから足を下ろした体位で、上半身だけを
起こした長座位よりも、楽に長く座ってられる。


高齢者の残存能力を活用した、自立しやすい住環境整備
を整える

端座位での姿勢を容易に保つことが出来、その安全性が確認
されるのであれば、車椅子の使用やポータブルトイレの活用
を検討することが出来る。

介護しやすい住環境整備を整える

ドアを引き戸(スライドドア)にすることで、部屋の有効空間
を広げ、動線を妨げないよう、居室の整理・整頓を行う。

社会参加しやすい住環境整備

家の中で車椅子の生活が出来るようになれば、車椅子を屋外
での移動手段として使用する。またデイサービスなどを利用
して家族の介護負担の軽減を図ることも重要である。
人気blogランキングへ

banner_02.gif


福祉住環境コーディネーター講座

無料 福祉住環境コーディネーター講座、今回は介護しやすい
住環境について考察します。

介護をしやすい住環境整備とは

日常生活場面での危険防止について
転倒や転落の防止、視力の衰え、筋力の低下などで、敷居に
つまずいて転んだり、段差や階段で足を踏みはずして転落し
たりし易いことに注意する。
身体の不自由さに合わせた手摺りの設置の他、段差解消の方法
を考える。

居住空間の照明と色使い
夜は、寝室や階段などの足元や手元の照明は、安全確保の為
に必要です。
作業に適切な照明と確実に操作できるスイッチの取り付けを
行うとともに リビングや台所は、調理器具、壁紙、カーテン
などの配色により、注意力を喚起するとともに、怪我や段差による
転倒などを防止します。

非常時に身を守る為の安全対策として、火災や地震などの
非常時に屋外へ脱出しやすい環境にすることを日頃から、
考慮する。
また、就寝時の喫煙習慣を改め、台所などの点火口を点検し
暖房器具を使用した後は、確実な安全確認を、習慣づける
ことが重要です。


家の中での移動の負担をなくす
不要な家具や調度品で移動が妨げられない様に整理する。
住宅改造や福祉用具の設置ができる

住宅の改造や照明やコンセントの位置、また電気容量の変更
などは改造工事が困難であったり、高額な出費をともなう場合
が多いので、新築、増改築のときに、将来に備えて改造や福祉
用具の取り付けができるような設計をしておくのが望ましい。

貴重な書類の保管場所の確保について
日常的に利用している診察券や健康保健証、また身体障害者
手帳などの書類や貯金通帳などの重要書類は、必要に応じて
すぐ出せるような保管場所を決めておくこと。

衛生的な環境
ゴミや不要品などの放置で非衛生的にならないよう、
集積場所を確保するとともに、衛生を保つために必要な
消毒薬などの薬品類や掃除用具が保管できる場所を決め
ておきましょう。
人気blogランキングへ

banner_02.gif


タグ:住環境

住環境の特徴と問題点

今回は、今私たちが抱える、住まいの問題点について

考えて見ます。

現状の住環境の特徴と問題点は

@住宅内外の段差

玄関の敷居や上がり框。廊下と居室。出入り口ドアの下枠や、

脱衣室と浴室など。転倒事故の原因になる為


A在来工法による施工

在来工法の木造住宅では柱間の芯芯距離を尺貫法の一間

で割り付けている場合が多いために廊下、階段、開口部などの

幅員が狭く、介護や福祉用具の使用が妨げられています。

B 狭い住宅・居室面積

居室面積が狭いことに加えて、室内移動を困難にしている。

C身体的に負担のかかる和式の生活洋式

身体機能が低下している高齢者には不向きな和式トイレや

布団での寝起き、高くまたいで入る和式浴槽など


D防寒に適していない住宅構造・設備

日本の伝統的な住宅は、夏にあわせて造られています。

住宅全体に冷暖房設備が完備していることは少なく、

個室暖房が一般的で、脱衣室と浴室は温度差が大きく高齢者

が障害をもったときに、ますます問題となります。


E 福祉用具を利用しにくい住宅構造

住宅構造上の制約があり、介護が必要になったり、杖や手摺り

車椅子などの福祉用具を活用する必要があった場合でも、

ホームエレベーターや移動用のリフトなどの福祉用具の導入や

設置ができない場合が多くみられます。
人気blogランキングへ

banner_02.gif



タグ:住環境

福祉住環境コーディネーターの働く場所は?

福祉住環境コーディネーターの働く場所は?

すでに、働く場所を持っている方は、キャリアを増やす為に

福祉住環境コーディネーターの資格取得を、お考えになって

いるのかも知れませんね。

でも資格を取得して、就職に生かしたい方もいるのでは

無いでしょうか?

就職先を考えることは一番大切なことかもしれませんが

果たしてどんな業界に対してこの資格は有利なのでしょうか。


今回は家具の小売(販売)について考えて見ましょう。

この業界は数年前まで、インテリア・コーディネーター

に非常に期待していました。

しかし、実際にはその活躍の場は、小売においては

ほとんどありません。

ユーザーが求めるものに答えるには、最新の商品が並んで

いる大型店があり、充分にそれを説明できる店員がいれば

家具店では事足りるのです。

ハードの部分(家の改築など)には、工務店などが

請け負っています。

しかし、バリアフリーが商品全体のテーマになりつつ

あるこの家具の業界では、福祉住環境コーディネーター

の資格は持ち望まれていたものと言えます。

女性や子供に使いやすい家具は、例えば大人の男性にも

使いやすいのだと言うことが判ってきたのです。

しかし、色やデザインについてはすでに学習した事が

あっても、いまだに障害者、高齢者に適した住環境を

知識として知っている人材が圧倒的に不足しています。

このような状況から、家具の小売業界においては、

福祉住環境コーディネーターの資格は充分使えるもの

といえるでしょう。


人気blogランキングへ

banner_02.gif

福祉住環境コーディネーター資格で出来ること

福祉住環境コーディネーターの資格で何が出来るのでしょうか。

福祉住環境コーディネーター検定試験は、東京商工会議所が
平成11年から実施している検定試験です。
バリアフリー住宅の新築やリフォームにおける提案業務、
福祉用具、介護用品から家具までの選択と利用法のアドバイス
などを行います。
これらの、住環境整備において、建築関係者や
ケアマネージャーなどと連携し多角的な視野に立って、
コーディネートが必要になります。

平成13年には2級合格者が「住宅改修についての専門性を有する者」
として厚生労働省により明記されました。
これにより介護保険制度において住宅改修費の助成を受けるための
理由書が作成できる
と位置付けられています。

人気blogランキングへ

banner_02.gif

福祉住環境コーディネーターの仕事とは

福祉住環境コーディネーターの仕事とは、例えば自宅を
バリアフリーに建て変えたい、在宅での介護のために、
リフォームしたい、などといった相談や高齢者・障害者の
状況に合わせて、階段に手すりをつけたり、部屋と廊下の
段差を無くしたりといった住まいやインテリアに関しての
コーディネートをする仕事です。

手すりをつけることを知っている人はいても、その用途や
効果を理解する人がいないと、それを使う人にとっては、
ときには効果の無い、意味の無い備品になってしまいます。
それをアドバイスするのが福祉住環境コーディネーターの
大きな役割です。

具体的には、設計段階でのアドバイスや、施工を請け負う
工務店への指示や、機器、機材などの選定など、使う人の
要望を理解して、それを実現させることが仕事です。

人気blogランキングへ

banner_02.gif

タグ:資格

福祉住環境コーディネーターになるには?

福祉住環境コーディネーター検定試験®を受験します。
年齢制限等特にはありません。


詳細 <東京商工会議所>

上のリンクに資格、試験に関する詳しい情報があります。
テキストの販売もしています。


人気blogランキングへ

banner_02.gif

タグ:資格 試験

福祉住環境コーディネーターとは

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障害者の方々や

心身に障害を持つ方に対して住環境を整え、より住みやすく

なるように提案やアドバイスを行う職業のことを言います。


相手となる方の心身の状態や経済面を考慮しながら、建築、福祉、

医療と、異なる分野から総合的に考慮して、適したプランを提案

します。


例えば、階段をスロープに変更したり、新たに手すりを

取り付けるなどの提案や、バリアフリー(高齢者や障害者のみならず、

女性、子供など、誰にも障害とならない)にする為の改築や

コーディネートを行い、福祉用具や介護用品、適した家具の選択と

その正しい使い方、福祉施策、福祉・保険サービスなどの情報も

提供していく事などが挙げられます。
タグ:福祉 資格

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。